そば茶

ウラ・アオゾラブンコがなくなって寂しいので、自分で作家たちの言動の記録をメモしていくブログ

太宰治

ハタハタを食べる太宰治

なんのことだろう?私が当惑したところ、太宰はその怪魚を、その頃同棲していた初代さんに、七輪の金網の上で、次々と焼かせ、手掴み、片ッ端からムシャムシャとむさぼり食いながら、 「早く喰えよ。ただし疝気筋の病気には、あんまり良くないっていうけどね…

太宰治の言う食通

食通というのは、大食いの事をいうのだと聞いている。私は、いまはそうでも無いけれども、かつて、非常な大食いであった。その時期には、私は自分を非常な食通だとばかり思っていた。友人の檀一雄などに、食通というのは、大食いの事をいうのだと真面目な顔…

太宰治と蟹

というのは、三十五年も昔になるか。太宰治と二人新宿を歩いていたところ、太宰は道端に売っている夜店の「毛蟹」をおそれげもなく一匹買い、それをまっ二つに割って、半分は私にくれ、そのまま街を歩きながら、手掴みで、ムシャムシャと喰いはじめた。 檀一…